このページをみんなに教えてあげる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薬のこと

みんなが悩んでいる生理痛などの疑問にお答えします。 生理Q&A

鎮痛薬や女性ホルモン薬について教えて!

生理痛に効く薬は?

一般的によく使われる薬として、鎮痛薬や女性ホルモン薬、漢方などがあります。鎮痛薬は「痛み」に対して使用されます。女性ホルモン薬は、生理自体をコントロールして痛みを軽減します。また、生理痛の原因が子宮内膜症子宮筋腫などの病気によるものであれば、病気の治療薬が使われることもあります。

生理痛のとき、
鎮痛薬はいつ飲むのが効果的ですか?

痛みが出る半日前~数時間前に飲むのが効果的です。鎮痛薬は、痛みの原因となる物質が体内で合成されないように働くので、痛みが起こってからでは効き目が出にくい場合があります。痛みが起こらないうちから飲むことに抵抗があるかもしれませんが、自分の生理痛のパターン(初日に痛む、2日目に痛むなど)に合わせて、事前に対処することがコツです。

鎮痛薬を飲み続けているとクセになる、
効き目が弱くなるというのは本当ですか?

生理のときに飲む程度であれば、習慣になるような副作用はほとんどありません。市販の鎮痛薬が効きにくいと感じた場合は、何か病気が潜んでいる可能性もありますから、婦人科で相談してみましょう。処方薬に変えることで、痛みが改善する場合もあります。鎮痛薬の常用が心配な人は、医師からホルモン薬や漢方薬などの説明を受けてみるのも良いでしょう。

女性ホルモン薬は誰でも飲めますか?

女性ホルモン薬に限らず、どんな薬でも飲んでいい人と飲んではいけない人がいます。女性ホルモン薬は医師に処方してもらう必要がありますので、まずは、婦人科に行って、相談してみましょう。

女性ホルモン薬は薬局で買えますか?

女性ホルモン薬は医師に処方してもらう必要があります。婦人科であれば、処方してもらえます。

女性ホルモン薬は、
どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

薬自体の費用としては、1ヵ月分が2,000円程度です。その他、初診料や再診料、検査を行った場合は、その検査料が必要となります。
女性ホルモン薬の1つである経口避妊薬(ピル)は、避妊が目的であり、保険が適応されず全額自己負担となり費用も異なります。

イラスト

生理に関するカラダやココロの不調に、オススメしたい先生がいるんだ。婦人科検索はこちらから 今すぐ検索する