このページをみんなに教えてあげる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婦人科のこと

みんなが悩んでいる生理痛などの疑問にお答えします。 生理Q&A

婦人科って、どんな場合に行くといいの?

婦人科、産婦人科、女性外来の
違いを教えてください。

婦人科は、妊娠、出産、生理に関すること、子宮卵巣の病気、女性ホルモンに関わること、避妊更年期のことなど女性のカラダと女性特有の病気について診察し、治療する専門科です。その中でも、妊娠、出産などお産をメインに扱っているのが産婦人科です。
女性外来は女性のカラダとココロをトータルに診る「科」で、個人病院のほかに総合病院でも設置するところが増えています。気になる症状がいろいろあるけれど、どの「科」にいけばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。でも、基本的にはどの科でも診察が受けられます。まずはクリニックへ行き、詳しく病状を説明すれば、医師の判断で適切な受診科へ紹介してもらうことができます。

閉経してからも婦人科で
診てもらうことはできるのですか?

子宮がん検診や更年期障害のホルモン治療などは、閉経後も婦人科で診てもらうことをおすすめします。更年期を過ぎ、もっと高齢になっても女性である限り婦人科の病気は存在します。高齢者は慢性の持病があることが多いので、行きつけの婦人科クリニックを持ち、必要に応じて総合病院を紹介してもらうようにすれば安心です。

体調がいつもと違うのですが、
風邪なのかもしれません。
こんな症状でも婦人科で診てもらえますか?

妊娠初期の症状は、熱っぽいなど風邪とよく似ている場合があります。内科での受診が適している病気であっても、必要に応じて専門の病院を紹介してもらうことができますから、かかりつけの婦人科のパートナードクターであれば受診してもよいでしょう。

肌荒れ、ニキビに悩んでいます。
婦人科で診てもらえますか?

皮膚の状態は女性ホルモンの影響を受けます。たとえば、生理前になるとニキビができやすくなるのは女性ホルモンの黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多くなるためです。ホルモンバランスを整えるとニキビがきれいに治り、肌荒れが解消される女性も少なくありません。生理に伴う大人ニキビで悩んでいる人は、一度婦人科で相談してみてください。

婦人科は男子禁制ですか?

基本的にはパートナーと一緒に話を聞くことも可能ですが、男性が入れないクリニックもありますので、事前に電話などで確認しておくとよいでしょう。女性のカラダとココロ、女性特有の病気とその症状について家族やパートナーの理解と協力が得られたら、その後の生活改善や治療にもメリットがあります。医師と相談して、病気について説明してもらう日を設けるのも良いでしょう。
⇒知ればこわくない婦人科の診察&検査

イラスト

生理に関するカラダやココロの不調に、オススメしたい先生がいるんだ。婦人科検索はこちらから 今すぐ検索する