このページをみんなに教えてあげる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検査のこと

みんなが悩んでいる生理痛などの疑問にお答えします。 生理Q&A

婦人科では、どんな検査を受けられるの?

生理中でも検査してもらうことは
できるのですか?

生理中でも診察できますので、気になる症状があるときはすぐに受診しましょう。医師に遠慮したり、ベッドや診察台を汚すことを心配したりする必要はありません。ただ、生理中にはできない検査もあるので、緊急でない場合は生理が終わってから受診するほうがよいでしょう。

内診に抵抗があるのですが、
絶対に受けなければなりませんか?

内診はカラダの状態を知る上で重要な検査なので、できるだけ尻込みせずに受けてください。ただし、思春期の女性の場合は、おなかの上から超音波を当てて代用する場合や、直腸診を行うこともあります。また、緊急を要さない場合、初回は問診だけにして、内診は医師とのコミュニケーションがよくとれてから行うこともあります。病気の種類や症状によっても違ってきますので、どうしても抵抗があるときは医師に相談してください。

婦人科で受けられる検診には
どんなものがありますか?

子宮頸がん検査、子宮体がん検査が代表的なものでしょう。また、超音波検査で子宮筋腫子宮内膜症、卵巣のう胞などの有無が分かります。乳がん検査は一般に外科で行われますが、触診と視診は婦人科でも行うことができます。また、おりもの検査と血液検査で、性感染症にかかっているかどうかを調べることができます。結婚・妊娠を控えている人のためのブライダルチェック(性感染症検査、子宮がん検査、超音波検査などを組み合わせたもの)や、世代別の検査メニューを組んでいるクリニックもあります。その他、骨粗しょう症の検査として骨密度検査をしているクリニックもあります。

婦人科で健診を受けると、
費用は高くつきますか?

気になる症状や生理痛などの痛みがあって受診した場合は保険適応となります。しかし、特に症状がなく、定期的な健診やブライダルチェックなどは保険適応外ですので、全額自己負担となります。金額が不安な場合は、事前にクリニックへ相談するのがよいでしょう。

会社で受けられる定期健診でも、
女性特有の病気はチェックできますか?

基本的な職場健診には血液検査が含まれているので貧血などはチェックできます。しかし、それ以上の詳しいことは分かりません。仕事が忙しくてなかなか子宮がんなどの検診を受けられない方は、夜や土曜日の対応がある婦人科を利用して、定期的に検査を受けるようにしましょう。
⇒知ればこわくない婦人科の診察&検査

イラスト

生理に関するカラダやココロの不調に、オススメしたい先生がいるんだ。婦人科検索はこちらから 今すぐ検索する